ジメジメした季節を乗り切る!

こんにちは。大天です。

一気に気温が上がってきました。マスクをしながらの外出をする今の時期、息苦しさや暑苦しさをなるべく軽減したいですよね。
梅雨は汗のベタつく感覚や湿気が憂鬱のもとに。。。

実は外気に限らず体の中でも、湿気や水分が溜まりやすい季節なんです。これが、だるさを感じる原因になることがあります。
なので、このだるさのもとになる溜まりやすい水分を外に出す働きのある成分が多い食材をしっかりと摂り、体のサイクルを整え、湿気に負けない元気な体を維持しましょう。
きゅうりやなすなど、水分の多い夏野菜は、カリウムも豊富に含むため、利尿作用があり、身体の水分の電解質を整え、溜まりすぎている水分の排泄を促します。
味噌や納豆など、大豆の特に発酵食品にも多いです。ぜひ、普段の生活にプラスしてみてください。

暑い日やジメジメした日が続くと、しょっぱいものが食べたくなります。これは体内で電解質のバランスが崩れてしまうためです。
身体をしっかり動かして全身の血流を良くしてあげると、このバランスを整えようとする為無性にしょっぱいものを食べたくなることは少なくなります。
また、塩分の取り過ぎは高血圧などの疾患に繋がります。
夏こそ、運動と同時に、味噌や醤油で香りやコクを出すことにより、身体も食事もコントロールできたらいいですね。

おすすめの食べ方をご紹介します。
生のきゅうりを塩でしっかり板ずりしたあと、スティック上に切って、マヨネーズと味噌を同量で混ぜたディップソースで食べるととても美味しいです。
簡単なのでぜひ試してみてください。

楽しく健康に過ごしていきましょう!